【トップページ】
人気ブログランキング
↑↑↑↑↑↑↑
ランキングに参加しています。

ランキングの順位がアップするとモチベーションが上がります!

★痩せたい・筋肉を増やしたい・キレイになりたい等の肉体改造希望の方
●0004●0005●0012●0014●0015●0025●0027●0028●0030●0031●0038●0039
☆動きの質を向上させたいという希望をお持ちの方
★競技能力を向上させたいというアスリート
●0017●0058
☆心と身体の調和を目的とされている方
●0019
★生活習慣病・整形外科的疾患でお悩みの方
●0040●0042●0044
の為のブログ
です。

パーソナルトレーナーがあなたの悩みを解消します!
コメント・メールお待ちしております!

また、パーソナルトレーナーが厳選したサプリメントやフィットネスグッズ
紹介しておりますので、是非フィットネスライフにお役立てください。


『目的別カテゴリ(サプリメント)』

『目的別カテゴリ(フィットネスグッズ)』

● ダイエット
  +ウォーキングマシン
  +ビューティースライダー
  +エアロバイク
  +ザビックスビューティーバランサー
● 筋力アップ
  +ダンベルセット
● ボディケア
● 美容・その他
  +ナイキ ヨガ用品一覧
【目次】
●0001…L−カルニチン
●0002…プロテインの種類【動物性たんぱく質】
●0003…プロテインの種類【植物性たんぱく質】
●0004…脂肪燃焼について
●0005…【低インスリンダイエット】はやめましょう
●0006…SAVAS(ザバス)プロテインタイプ0
●0007…SAVAS(ザバス)プロテイン ウエイトダウン
●0008…ウイダー ホエイプロテイン プレーン
●0009…グリコ パワープロダクション キレイサプリ【複合式燃焼】
●0010…健康体力研究所 メガバリュー ホエイプロテイン
●0011…健康体力研究所クレアチン
●0012…体重調節に必要な自律神経
●0013…カリウムバランサー
●0014…トレーニングとダイエット
●0015…満腹感について
●0016…アンチエイジング サプリメント「爽快サポート」
●0017…筋力トレーニングの必要性
●0018…トレーナーズミーティング
●0019…姿勢について
●0020…GABA(ギャバ)タブレット
●0021…ヨガマット
●0022…フットマッサージャー
●0023…バランスボール65cm
●0024…私のこだわり
●0025…ダイエットのトレーニングは長時間?それとも・・・
●0026…鶏のささみ
●0027…トレーニングメニュー【フィットネスクラブ用】種目のみ
●0028…忙しいから運動できない?
●0029…「アミノバイタル」プロ
●0030…BCAAって何?
●0031…アミノ酸について
●0032…スポーツオーソリティー
●0033…本気で自分を変える方法
●0034…クエン酸
●0035…ANDER ARMOUR(アンダーアーマー)
●0036…PRIDE無差別級グランプリ2006 1回戦を見て
●0037…CW−X ショートスリーブトップ ブラック
●0038…食事誘発性熱代謝(DIT)を高めよう
●0039…食事の重要性
●0040…身体と仕事【1】
●0041…グリコBCAAチュアブルタブレット
●0042…身体と仕事【2】
●0043…DesktopDeliver
●0044…身体と仕事【3】
●0045…NIKEid(ナイキ)
●0046…DNSホエイプロテイン
●0047…ウイダーホエイプロテイン超徳用10%OFF
●0048…グリコクレアチン
●0049…K−1 WORLD GP2006 を見て
●0050…お勧めHP【1】
●0051…ザビックスビューティーバランサー
●0052…マグネットバイク BS-2470 プロセット
●0053…ビューティー スライダー
●0054…ウォーキングマシン
●0055…ナイキ ヨガ用品一覧
●0056…グリコ グルタミン
●0057…パーソナルトレーナーの視点から
●0058…コアトレーニングについて一言【1】
●0059…ダンベルセット

2006年05月22日

コアトレーニングについて一言【3】

これらは随意筋といって、自身で意識してコントロールできる筋肉なのですが、身体を固めるとなると、全て一緒くたにしてしまうという事です。

立っている状態で、右手を高くあげたいとします。
この場合は肋間部を開放させ、肋骨は上方へ右回りに回転させます。
骨盤は下方へ左回りに回転させます。
その間のミドルボディーと呼ばれる腰椎部はどちらにも回転できますが、右回りに回転させた方が腕は上がります。
※ここでは、肩甲骨や鎖骨等の部分の説明は省きます。

もし、身体を固定させる訓練ばかり行っていたら、腕を高くあげるという動作も身体を緊張させた状態で行ってしまいます。
※上記に挙げた方法では、筋肉の緊張を極力省いて脱力させた状態で挙上しています。

身体が緊張していると腕を高く上げているにもかかわらず、下方へ向かおうとしてしまっています。
それを無理やり上へあげているのです。日常生活で腕をあげる時、常に無理やりあげてしまっていると過度の緊張が起こってしまい、障害が起こり痛みに繋がってしまう可能性もあります。

これでは、せっかくのトレーニングが健康になる方向ではなく、不健康に向かってしまう場合もあるのです。
いろんなコアトレーニングがありますが、できるだけ身体を固めないで骨で支えるようにしましょう。

今から発想を変えて、健康的な身体を手に入れましょう。
posted by 魂はパーソナルトレーナー at 00:16| Comment(46) | TrackBack(14) | 【美容・その他】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。